fbpx

■ママの言葉で子どもが伸びた!

■ママの言葉で、子どもが伸びた!実践報告

 

 

子育て講座を受講されたママがお子さんに話した言葉で小学4年生の男の子がぐんぐん自主性を伸ばしています。

 

 

いったいどんな言葉なのでしょうか、、、

 

 

 

 

その男の子は、毎日学校から帰ると、宿題を

 

先にしなければいけないから、大好きな工作をあきらめて、

 

宿題にとりかかっていたとっても偉いお子さんです。

 

 

でも、なんだか時間がかかってしまう。

 

 

 

それが、ママにとってもストレスで、早く宿題をかたづけて、

 

時間をつくって遊んだりできるようになってほしい、思いながら、どうしたらいいのかわからなかったそうです。

 

講座で学んでいただき、子どもによっていろいろなパターンがあるんだ、とわかり、

 

こんな風に言葉をかけました。

 

■個性に合わせて言葉をかけてみる

 

「今日は、ママも勉強してきたんだけどね、

 

先に思い切り遊んでから、

 

時間を決めて、宿題をするといいみたいよ、」と、話しました。

 

 

 

 

すると、その男の子は「そっかあ、」と気づき、工作も宿題も自分からどんどんできるようになった。

 

 

宿題が終わるまで遊んではいけない、と思っていたんですよね。

 

 

 

いつの間にか、大人たちが子どもの枠を作ってしまっていたんですよね。

 

 

お子さんによって個性はいろいろ。

 

 

その子にあった関わり方をトライしてみてください。

 

 

 

 

 

フィンランド小学校校長先生の言葉から

 

教育、子育ての

結果はすぐに出るものではなく長期的視野を持つことです。

 

 

子育て講座の詳細は視察報告、子育てワークショップでご案内しています。

 

 

 

 

10歳までの教育で こどもの一生が決まる!フィンランド教育の専門家が教える学力世界No.1の教育メソッドフィンランド式教育メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事