fbpx

■子どもに見える化を実践したY子さんの声

 

■フィンランド式 子どもに見える化実践Y子さんの声

フィンランド小学生の教室には、あちこちに子どもたちが見てわかるような工夫があります。

 

先日も、お話した内容です。

 

 

写真は授業態度についての3色表示です。


白い紙にはクラスの子どもたちの名前が書かれています。

イエローカードに名前を書かれたら、子どももまずい、次はレッドカードになっちゃう、と自覚するのです。子どもは色が大好きです。

 

 ■さっそく、お子さんに実践!

 

こちらを参考にして、さっそくお子さんに見えるかを実践されたママ=Y子さんがいらっしゃいます。

 

お子さんは、新小学1年生。

今は、お仕事は育休中ですが、いずれ職場復帰するのでやはり、お子さんの自主性を育てたいという希望があります。

 

育休中のY子さんからいただいたメッセージです。

 

↓↓↓

 

水橋さま、フィンランド式に色画用紙を買って、、、と思ったんですが、今日は雨and嵐で☂️赤子がいるので、家にあるもので(^^;;不格好なのですが、画用紙三枚用意し、そこに色ペンで、

 

❶ごほうびシール(緑)絵を描く、通信教育の宿題、英会話の宿題、妹に優しくする等

 

❷ちゅうい!シール(黄色)妹にイジワル、ごはん中に汚い言葉(うんち、しっこ、〇〇)、

椅子から降りる等※3回注意してもできなかったら黄色シール一枚

 

❸もうダメ!!シール(赤)黄色シールが10個溜まってしまったら、お家から出て行かなければなりません(涙)

 

●青シールは、通信教育付属の早起きシールです😊

6時に起きたらはります。

このルールを可視化しただけで、息子の目がキラキラ⭐︎して、やる気が出ました‼️このような知恵はプライスレスですね!!

 

 

 

長期休みのルール作り、とても大切で助かりました💗

 

Y子さん、実践のご報告をお送りくださり、ありがとうございます。(^^)/

 

 

そうそう、転ばぬ先の杖、はいりません。子ども自身が自分ができることを増やしていってくれれば、働くママにとって楽チンですよね。

 

 

忘れてはいけないのは 子どもを勇気づけること。

 

ママの喜ぶ顔を見るのが子どもは大好きなんです。

 

 

フィンランドをヒントにもっと楽に、楽しく子育てしてほしい、工夫次第で、

 

子どもはぐんぐん変わります。楽しみですね。

 

10歳までの教育で こどもの一生が決まる!フィンランド教育の専門家が教える学力世界No.1の教育メソッドフィンランド式教育メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事