fbpx

■フィンランド教育の掟「目標は子どもが自分で決める」

 

「フィランドは、子どもの目標は子どもがつくる」

■家庭でできる、生活目標づくり

今日は、家庭でできる子どもの目標設定の仕方をお話します。

 

 

これができると、子どもたちは楽しそうにやるべきことをしてくれます。

 

帰ったらすぐに宿題をする。

 

きちんと片付ける

 

食べたものは運ぶ。

 

などなど どんどんお手伝いしてもらいましょう。
自分でやったほうが早くて楽ですが、自主性はお手伝いから育成できます。

 

もちろん、学校教育の中でも特に自主性に力を入れています。

 

■2016年学習指導要領改訂により、自主性を強化

 

フィンランドにも学習指導要領があって2016年には10年ぶりに改訂されました。

 

 

改訂前と改訂後、授業を視察して感じたのは、ますます、子ども主体の授業、自立、自発を促す授業スタイルになっているということ。

■学校や教室のルールは子どもたちが決める

たとえば、ルールを決めるのは先生ではなく、子どもたち。

授業が始まったら机の上に教科書を出して静かに座って待つ。

 

というルールを決めています。なぜ、そうしなければいけないのか、子どもたちはわかっています。

授業の準備をしないと時間がかかってしまう、時間が足りなくなったら宿題が増える。

 

だから、クラスのみんなで授業がスタートできるように準備する、というルールを決めています。

 

 

自分たちで決めたルールだからその理由がわかっているのです。理由がわかれば、子どもたちも納得するのでルールを守ろうとします。

 

■目標を決めるときの言葉がけがポイント

 

その目標を決めるとき、言葉がけが大事です。

 

 

どうしたらみんながルールを守れると思う?どうすればいいと思う?

 

 

その前になぜ、ルールがあったほうがいいと思う?

 

 

大人の問いのチカラが子どもの自主性、ヤル気を引き出します。

 

 

どうしたら宿題をすぐにできると思う?
子どもに考えさせる前に大人がわかりやすい問い、を

 

考えることが必要ですね。

 

 

子どもの目標づくりは まず、質問して、考えることが第1歩です。

 

ご家庭でもトライしてみてくださいね。

10歳までの教育で こどもの一生が決まる!フィンランド教育の専門家が教える学力世界No.1の教育メソッドフィンランド式教育メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事