fbpx

■あせらないイライラしないフィンランド式子育て法

■うちの子は勉強しないけど、この先どうなるのか心配。

子育てしていると、いろいろな心配がありますよね。

たとえば、うちの子は勉強しなくて困る。という心配。


そういうとき、どんな風に考えるか、がその子を勉強する気にさせるか、
させないか、の分岐点になるんですよ。


 

よくあるのはこのまま勉強しなかったら、どうしよう。

 

どんどん成績が悪くなって、他の子に負けちゃって可能性が狭くなるんじゃないのかなあ

 

どうしよう、、、、、

 

将来は・・・?なんてね。この思考は、最悪なんです。

 

悪いことばかりイメージしてイライラするとママの表情や、言葉に表れてるのでますます子どもは勉強したくなくなるんです。

 

 

 

■どうすれば勉強が好きになるか、大人が真剣に考える

フィンランドでは、勉強しないなら、どうすれば、勉強する気になるかをいろいろと考えます。

 

もちろん、その子の性格や興味関心に合わせて楽しいことから始めます。

心配は、子どものヤル気をなくす方向にどんどん引っ張りますよ~。

 

 

■ママが好きなことをすることも大切

そんなときは、ちょっと時間をとって、子どもの話を聴いてみてください。

勉強より、お子さんの興味関心事に目を向けてみる。

教育、子育ては長期的にとらえることが大切です。

 

 

あせらない、あせらない

 

そして、ママが楽しいことをする。それも大事なんです。

 

 

子どもはママにハッピーでいて
欲しいんです。

 

子どもたちは、ママを幸せにするために、生まれてきたんですよ。ほんとうに(^^♪

10歳までの教育で こどもの一生が決まる!フィンランド教育の専門家が教える学力世界No.1の教育メソッドフィンランド式教育メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事