fbpx

■子どもの「なんで?」が成長のチャンス

■どうして?MIKSI?攻撃が学習意欲へのチャンス!

 

 

どうしてなの?

なんでそうなの?

 

なんで?なんで?

 

攻撃が好奇心と自主性を伸ばすチャンスです、

 

というお話をいつもしています。

 

フィンランド語でいえばミクシ?なぜ?

 

という言葉です。

 

 

赤ちゃんのときにあった

 

いやいや攻撃に比べれば

 

まだ心穏やか、ですが

 

うるさーい、くらいに聞いてくる時期があります。

 

 

なんとか

 

答えてあげたい、

 

でも、

 

その答を出していくことは

 

とっても大変ですよね。

 

 ■この言葉で、子どもの考えるチカラがぐんぐん伸びる

 

お子さんの疑問って

突拍子もないことが多いです。

 

 

とにかく手当たり次第質問してくるわけですからね。

 

でも実はそのときがフィンランド式子育て、教育で最も大切な言葉がけをするチャンスなんです。

 

 

「●●ちゃんは、

 

 どう思う?」

 

この問いから対話が始まります。

 

ご家庭で考える力を育てる

 

ファーストステップの始まりです。

 

 

やったあ、おめでとうございます!

ここから楽しい子育てが始まりますよ(^^♪

 

 

10歳までの教育で こどもの一生が決まる!フィンランド教育の専門家が教える学力世界No.1の教育メソッドフィンランド式教育メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事