fbpx

■子どもの生きるチカラを伸ばす言葉がけ

■言葉がけが生きるチカラになる

 

赤ちゃんのときは小さな成長を見逃さず、毎日変化する様子を観察したと思います。

 

 

 

 

それが、小学生になると成長していることより,

結果ばかり気になり始めます。

 

 

 

 

それだけ、知能が発達して

 

できることが増えてきているからですよね。

 

字を書いたり、絵を描いたり、

 

話をしたり、

 

運動したり、

 

いろいろなことが

 

できるようになっているから

 

それ以上のことを求めるようになってしまうのです。

 

 

 ■比較してしまうのは仕方なし

 

他の子と比較したり、

 

上のお兄ちゃん、お姉ちゃんとの比較

 

ママ自身が子どものころの比較、

 

いろいろと比較しながら

 

なぜ、こうなってしまうのか、と

 

考えて心配したり、

 

不安になったりすると思います。

 

 

でも、大事なことは

 

子どもがチャレンジしたことを

 

認めることです。

 

 ■結果よりプロセスを認めましょう

 

結果よりプロセスを認めてあげましょう。

 

 

 

 

「~しようとしたんだね。」

 

とトライしたことを認める。

 

少しずつでもよくなっているプロセスを認める。

 

 

「~がだんだんできてきたね。」

 

「~がよくなっているね。」

 

特に何もしなくても

 

「今日、一日がんばったね。」

 

フィンランドではほめる、より認めることを大事にしています。

 

 

 

子どもは小さな身体で一生懸命がんばっています。

 

 

 

認めてもらえた、と

 

子どもの心には

 

安心感が生まれ、

 

それが、一生の生きるチカラになっていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

10歳までの教育で こどもの一生が決まる!フィンランド教育の専門家が教える学力世界No.1の教育メソッドフィンランド式教育メールレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事